codenameはr-kubotch☆(仮)


<   2006年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧



ひとりじゃごはんをたべられない

はりつめた琴線はとにかくもろくて、ツメの先ではじく前に、小さな甲高い音をあげてきれてしまいそうだった。



自分で自分を擦り減らしてしまっている。このままじゃいけない。そんなことわかってる。

ケータイに手を伸ばす。自分で自分にブレーキをかける。

泣き出す、泣き止む、我慢する。


会えないままの友達もいた。でも、分かってる。実は楽しかったことのほうが多かった。
仲良しの香港人のEddyと最後のランチをした。今やってる最中の香港上げてのセールの話で盛り上がって、ごく普通にお別れした。香港はきっといける機会もあると思う。

大学院生のトシさん。いつも笑わせてくれて、最後もそんな感じだった。そして、あたしに自信をくれた。なんだか気恥ずかしくて、一緒に写真をとれなかった。

Exchangeのかおり、あすか、みどり。どうしてもあたしを姉御扱いしてたけど、あたしはそこまで姉御じゃないわ。

女子飲み(みんなで着飾っておしゃれなトコでお食事会なんかしちゃう☆)のようこさん。時間がないのにわざわざ会いにきてくれた。

Fangmin。お互いの旅行の予定の結果、金曜Big Brunchが最後の二人ゴハンになった。土曜日、あたしがテニス合宿にでかけるときが、ホントに最後。耐え切れなかった。

合宿。週に2回テニスをしている仲間とのドライブな旅。ステキな思い出になった。

真夜中近くに、最後にみたWest gate bridgeからのCity,2月にBBQしたPort Melb。


帰ってきてからこんなメッセージをもらった。

「ふとメルボルンに持ってきたラケットを通じて、
こういう仲間と旅が出来てよかったね。
テニスも捨てたもんじゃないっしょ?」


ここで、糸は大きな音を立てて切れてしまった。
また、みんなとテニスしたい。
伝えたいことがありすぎる。あたしの居心地のいい場所。

昨日。仲良しのシンガポーリアン、Meiとカフェ。日本企業からオファーをもらったらしい。おめでとう、また一緒に遊べるね、って言ったら、「そうじゃない」みんなのことを思い出してしまって、またあたしは小さくなってしまった。

Kathryn。最後の最後に会えてよかった。きっかけは中国語の授業。二人で会話の練習したり、テスト勉強したり、キャンパスのバーで飲んでよっぱらったままCityに買い物に出かけて、
あたしがいきなりプーさんとティがーのぬいぐるみ抱えて、I'm seriousとかいいながらレジに走っていったの後ろでおなか抱えてわらってたよね。あたしにとっては、初めての、「日本語をまったく解さない」オージーの友達。Kathrynにとってもはじめての日本人の友達。
昨日はいっぱいしゃべっていっぱい笑った。Kathrynのおっきな笑顔に、ホントに助けられた。
そして、今日は語学学校からのみんなが、あたしのためにfarewellしてくれる。


あたし、幸せだよ。こんなにもたくさんの人に囲まれて、愛されて。
次は、笑ってるあたしをたくさん見せるから、どうかまだあたしを支えていて。
[PR]
by rkubotch | 2006-06-27 14:47


Samurai Blueに身をつつみ、立ち上がれ

b0063797_1611312.jpgb0063797_16114385.jpgb0063797_16161180.jpg
b0063797_16115870.jpgb0063797_16122298.jpg b0063797_16123627.jpg
b0063797_16125557.jpg b0063797_16132120.jpgb0063797_16133840.jpg







昨日のアレは悪夢だった、と思いたい。

でも、昼頃にやっとぐったりしながら起きたとき、あたしの爪には青いマニキュアが光っていて、昨夜(じゃないけど)やっとのことでもぐりこんだとき感じた頭痛もまだ残ってて、体中が重くって、声もあんまりでなくって、昨日のオージーの歓声と罵声と車のクラクションが頭から離れなくて、しかもオーストラリアの2点目と3点目のシーンが、Federation sqの大きなスクリーンに映っている映像が頭に残ってて、地面から伝わる地響きを未だ感じ、投げ込まれる花火のカスが脳裏をよぎった。


b0063797_1614483.jpgにわかサッカーファンとして、お祭りみたいに楽しむつもりだった、はずだった。
昼間はChapel StでSamural Blueグッズをがんがんあつめて、他にもお買い物して、おいしいランチをして、お茶してGirls' dayを楽しんだ、はずだった。

最初に向かった日本人貸切のバーは人が多くて入れず、さまよった挙句、一番危ない、といわれてたFederation sqに向かった。感覚としては、渋谷のスクランブル交差点みたいなもの。大きなスクリーンに大きな広場。なぜかうまい具合にオージー側と日本人側に分かれてて(あたしたちがうまい具合に日本人がたくさんいる方向にまぎれこめただけなのかもしれないけど)そこまで、危険は感じなかった。逆転されるまでは。

電話をしてきたみんな、ごめんなさい。あたしは敵地真っ只中で観戦をつづけてました。本気で応援してました。そして、いじめられっこみたいに泣きべそをかきながら、タクシーもつかまえられず、歩いて帰りました。

勝ったんだからおとなしく喜んでかえってください。市内を意味もなく車を乗り回して、下らぬことを叫びながら身を乗り出してパレードの真似事をするのはやめてください。それは選手がやることです。紙に火をつけて道路にすてるのもやめましょう。危険です。夜中の1時とか2時に337拍子をクラクションでやるのもやめましょう。近所迷惑です。日本人にむかって「ぴー」が必要なことを言うのもやめましょう。Footyではありません。(Australian rules football, 応援がしたいのか、相手をののしりたいのか良くわからない試合観戦が通例です。)あたしは彼らのいわゆる”スポーツマンシップ”の存在に懐疑的です。まあ、4年前の日本にそれがあったか、というと、あたしは4年前は見てなかったのでなにもいえないのですが。

とにかく、こんなに感情的になってサッカー見たのは初めてだったし、自分が実際に戦ってるんじゃないのに、悔し涙をながすとか、本当に自分でもわけがわからない。

でも、この1年数ヶ月、オーストラリアで戦ってみて、クリアな勝ちをえることのなかったあたしが、自分の姿を日本代表に投影していたことは否めない。

昼頃にのそのそとおきて、テレビを見ながらブランチを食べた。今更になって捕鯨船のコトを延々とやっていた。いくら来月IWC(国際捕鯨委員会)の総会があるからって、このタイミングで「日本たたき」(TVの内容は、「鯨をつかまえなくてもリサーチはできる」というもの。よく出てくる英語達者な日本人リサーチャーをインタヴュアーがコケにするシナリオ)をするとか、オージーもなかなか策略家ね、と思った。試合に負けたら「自分たちはサッカーにはまけたけど、捕鯨の立場では正しい!」という負けを補填する役割を果たし、勝てばその相乗効果となる。

学校で、友達に「目が腫れてるよ」とか「You look tired」とか言われた。どんだけあたしはのめりこんで応援したんだ。。。

結局、にわかサッカーファンのあたしがうんざりしてるのは、オーストラリアのにわかナショナリズムであり、にわかサッカーファンになることで自分のなしえなかったことを成し遂げてもらいたかったという自分の甘えなんだろう。ばかばかしい。
[PR]
by rkubotch | 2006-06-13 15:50


やっぱり自分はある程度歳をとってしまったのだなあ、と思った瞬間

今日は、先日のJapan FestのMケンサンバのみんなで鍋をする。
夢中になってくらいすぎて、写真がありません(爆

そこで、衝撃の事実は、その場にいた日本人の中で、あたしが一番年上だった。。。
みんながあたしを「さん」付けで呼ぶ。何か変だ。

でも、今まで上の人たちと積極的に交わろうとしてたあたしにとって、高校生集団をウチに呼ぶ元気というか、チャレンジ精神が、まだあるらしい。

新しいことへの挑戦、バンザイ!(笑

そして、明日、また新しいことに挑戦!
「メルボルンで日本代表を応援する!」
試験で打て切れなかった敵を是非討っていただきとうございます(なんか違う)。帰り道襲撃されても後悔しません。

ユニフォームを買ってしまうか($130)、安Tシャツ($15)を買うか。。。韓国なんてBe the Reds!の安いTシャツこっちでもうってるのにー。
[PR]
by rkubotch | 2006-06-12 00:19


女のコ的ドライブ

夏に、真っ黒に日焼けした、サングラスをかけた二人組みが、音楽をがんがんかけながらサーフィンに向かったのとは違います(笑


今回はおいしいものを手に入れるため

b0063797_20413013.jpg白く戻ったわたしたちはおいしいものを知り尽くすおねーさまをお迎えして、朝も早くから向かった先。それはFarmers market. オーガニックの野菜やら、紅茶やらおいしいチーズ。。hmmmm.....temptation。というわけでがっつり☆むしろセールよりも財布の紐が緩む、天高く馬肥ゆる秋を通り越し、極寒のメルボルン。チャイがおいしい。

次に向かうのはYarra valley。ワイナリー。実は一年前にもいってるのですが、多分忙しかったのでしょう。レポートしてません(爆)。

b0063797_20421668.jpgb0063797_20424128.jpg
b0063797_20453011.jpgb0063797_20455729.jpgDe Bortoliでテイスティング、Dominique portetでテイスティング&ランチ(写真はあたしのランチではないけど、ステキだったので☆)、Coldstream Hillsでテイスティング。Domaine Chandon(domainechandon.com.au オーストラリアでスパークリングといったらココ。)見学。Yering Stationでお茶☆ チョコとチェリーのタルトがおいしかったー☆

二人の財布の紐が緩められてく瞬間がおもしろかったです(爆)

おいしいものを求めて遠くまで。しかもおいしいものをかわいい場所で楽しく食べる。ああ、女の子でよかった、と単純に思ってしまうひと時。

たまには、こんなのも、いい、よね?(自己正当化)
[PR]
by rkubotch | 2006-06-10 20:48


Never ending story?

終わってしまった。試験。1個しかないから、最初で最後。しかもMelb Uniで受けた(正式な)試験は結局2個。

あっけなかった。

いろいろおもうとこはあるのですが、なぜか今頭が混乱気味です。

あーあそこあーやって書けばよかったー。

とかではなくて、なんだかもっとおっきなことにココロは支配されてて。

やっぱり、あたしの留学生活、ドラマティックさには、かけてた。良くも悪くも。

っていうか、日本にいたときから変わんないのかも。

すっごくよくできたことなんてないし、かといってすっごくだめだったこともない。

後悔はするけど、それが次に反映される確証なんてないし。

だからといってそれで自己嫌悪にはならないし。なっても1日。

今考えてたことはといえば、さっき見かけたピンクのワンピース、かわいいしお値段も素敵なんだけど日本じゃ派手だなー。でもデニムのジャケットとブーツでカジュアルダウンできるでしょ。
ってなんでここの記述だけ長いんだ。

そんなわけでぐるぐるしてます。オーストラリアとインドネシアがDifferent strategic worldにいるから両国の協調は限られてる。Discuss!なんて、あたしが思うにそもそもこの二国は同じ穴のむじなだとおもうんで、すごくあまのじゃくな回答しかできません、みたいな。

ぐーるぐるぐるぐる。

最後の食事をとってから12時間近く経過してるのがいけないのかな。

ぐーるぐるぐるぐるぐる。
[PR]
by rkubotch | 2006-06-09 20:43


ふりだしにもどる

試験まであと26時間。なのにココロはどかーん、としている。

いつものようにBig BrotherをみながらFangminと夕食。今日はローズマリー入りのハンバーグ。幸せをかみ締めてるときに、不吉な連絡は入る。

一昨日部屋を見に来た、超有望株のチャイニーズインドネシアンの女の子から、断りの連絡。向こうもかなり気に入ってたし、あたしたちも「あのコはいいね☆」っていってたからショックは大きい。さすがにFangminも動揺を隠せない。先日、Fangminの家族がきたときに、家族会議(あたしを含めて)で、本格的にFangminサイドが責任を持つことになったから、事実上あたしのビジネスではないのだけど、そういう問題じゃ、ない。

ちょうど一年前、あたしは始めてFangminにあったんだ。あたしはこのCollege Squareの2ベッドルームにのどから手が出るほど住みたかった。しかもHousemateはシンガポーリアン。あたしにとっては願ってもない環境。「ここをTake overしたい」と懇願したあたしに、Fangminと当時の彼女のHousemateは1日待つようあたしに告げた。そう、あつぃがし部屋を見にいったのではなく、みられてたのはあたしだった。

もうあたしが心配することじゃないのに。

最後の試験勉強の方がたいせつなはずなのに。

今日のハンバーグはちょっとおもかったのかな。
[PR]
by rkubotch | 2006-06-08 21:39


もうさびしくない

b0063797_21493170.jpg写真は、エッセイに使った本やらジャーナルやら。勉強してます!みたいな。

実際5分の1も読んでないはず。あたしそこまでがんばれてないよ?(泣

月曜日
まさに血相変えてメモリースティック握り締めてUniに駆けてく午後4時(爆)

極論を言ってしまえば、90年代半ばまでは確実にSocialismの概念に基づいて(プロパガンダで社会を統制することが当然)メディアを規制できてましたが、その過程において、重大な人権侵害やメディアセクターの腐敗を招いたので正当化はムリ。まあ、もう少しマトモに書いたようです。24時間で2000とか書いちゃダメだよね、書きあがってみると、本当に自分が書いたのかすら分からなくなる(笑 日曜~月曜にかけての記憶が曖昧すぎる。

でも書き始めると面白い。自分の考えたことが文字になるって面白い。でも、自分が面白い、と思ったこと全てかけないのが論文。例えば

「中国の新聞において、80%が良いニュース、20%が悪いニュースでなくてはならない」(胡耀邦の言葉)

以上、小ネタでした。

b0063797_21504859.jpgその夜はくぼっちホンの犠牲者(よしりんね)を招いて和食ぱーちー☆でもデザートはこの前料理番組でやってたパイです♪孤食脱出がすごくうれしかったです。3週間(15日)で試験10個なのに、試験初日から来てくれて本当にありがとう。あたしの24時間エッセイ耐久レースとか、不平不満いってられません。。。(恥

今夜は久々にFangminとゴハン。張り切ってかき揚と揚げ出し豆腐作ったよ!!!そして、今日から始まったThe Wedgeってコメディが面白すぎた。あたし達は笑いのツボが似てるのです。

でも、日本のお笑い界で言うところの「シュール」って、どう説明すべきなんですか?日本語でもわからなかったので、誰か教えてください。
[PR]
by rkubotch | 2006-06-06 21:50


いそがしいけどさびしがりや

試験+課題日程は、以下の通り。b0063797_17205544.jpg





Fangminの家族がきていて、一週間以上にわたって一緒にゴハンを食べてくれないどころか、数日Tasmaniaに行ってしまい、結構大きなこのアパートに一人残される。しかも学校は「試験期間休暇☆」というお茶目な企画のおかげでホントに誰にも会わない。話し相手がいない。どんなにパソコンに向かってがんばっても、パソコンは口をきいてくれはしない。黙ってさくっと課題をやるべきなのはあたりまえなのだけど、気がめいる。そして、いつものように突撃で迷惑を撒き散らす。故・小渕元首相もびっくりの「くぼっちホン」 関係者の皆様、いつもごめんなさい、ありがとうございます。

現在、「第二回 24時間で2000Word」に挑戦中。第一回目は成功してます。

今回のお題は
Governmeny restrictions of media content are never justified。Discuss.

で、お得意の中国のケーススタディで攻めています。Controlの種類は3つ。Censorship, Secrecy, Propaganda。それぞれの事例は以下の通り
・返還後の香港におけるSelf-censorshipによる自由な報道の阻害
・SARS(一回目)の時の政府の発表の遅れ
・中国メディア(特に政府所有)に未だ流布するSocialist propaganda

改革開放で広告がゆるされても未だにbourgeois liberalizationという概念が90年代半ばまで確実に存在した。


でーもー!!!


最近の変化はめまぐるしく、リサーチがついていかなかったので、エッセイは「79年~90年代半ば」の範囲内で書いてます!(笑)ごめんなさい、Tom(チューター)あんなに相談のってくれたのに。だって、Dueは明日なんだもん♪
[PR]
by rkubotch | 2006-06-04 17:32

    

メルボルンの友達にもらった画像☆これのメッセージカードとTシャツまでもらったのです。そんな仲間に囲まれてあたしはなんだかんだ幸せです☆
by rkubotch
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30