codenameはr-kubotch☆(仮)


<   2005年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧



Aussie Christmas(更新済み)

ホームステイから寮暮らしに移るとき、Wendy(ホストマム)に「クリスマスランチによんであげるわ!」と言わしめるほど、彼女が世話をした多くの学生の中で、かなりの好印象を残したあたしだったけど、忘れっぽい彼女にはかなうわけもなく、あたしは最後の最後まで、クリスマスの予定がなかった。みんな家族や親戚ですごすから、知らない人を呼んでる場合じゃないのは分かってたけど、ちょっとさびしかった。。。

そんな時、救いの手を差し伸べてくれたのは、仲良しのJosh!!Joshのママがあたしとmichikoのことを心配して招待してくれたの!!なんでも、Joshママが「彼女たちはクリスマスどうするの?」って聞いたとき、Joshは「by themselves」っていったらしい。Joshの計算(笑)とママの優しさに感謝!!

こっちのChristmasは日本のお正月みたいな感じ。お店はどこも開かないし、昼間からご馳走たべてお酒飲んで、昼寝して。そうやって、昔Kathrynに聞いたことがある。

b0063797_16191787.jpg25日は公共交通機関は全てタダ。おお!connex(電車)もYarra tramもやるじゃん!とおもったのだけど、これはクリスマスプレゼントではなくて、奴らが休みたいだけだった。。。それが証拠に、運転手以外の係員はほとんどいない、かつ、クリスマスを祝わなさそうな人たち。最近こんなオーストラリアに少し嫌気を感じ始めました。まあ、実際乗る人もいつもとくらべると少なすぎだから運休されかねないから、それと比べればマシだけどね。。。

Joshのおうちに着くと、弟、Chrisに迎えられる。似過ぎててびっくりする。そして、ここでJosh登場!

b0063797_16272850.jpgbefore(多分左がJoshで右がChris)

b0063797_16292392.jpgafter

Joshのパパははやいうちに亡くなってしまっているのだけど、ママ、Josh,Chrisは仲良く大騒ぎしながら料理を作ってる。ポテトグラタンを作りながら、「Mum!僕はspring onionはキライだよ!」といって、オーブン皿の中のネギを放り出してしまうChris(推定19歳)、Chrisを引っつかんでとめるママ・・・そんなママは典型的なオージーママ。ビッグです。そういえば最近Wendyが縮みました。ダイエット成功したらしい。(Minshien&Minkee談)

そんな中、ママは手馴れた手つきでどんどん料理を仕上げていく。

b0063797_16211121.jpg
b0063797_16231818.jpg

b0063797_16251731.jpg
今日のメニュー
・にんじんにハチミツとバターを絡めたもの(グラッセみたいなものだね)
・いんげん(コレはふつう)
・ポテトグラタン(ジャガイモスライス、ホワイトソース、ベーコン、ネギ、チーズが何層にもなってる。お気に入り)
・イタリアントマト+パン粉+オリーブオイルのオーブン焼き(ってほとんどオーブン料理だけどね。トマト嫌いだけど、あの甘酸っぱいイタリアントマトは最近スキ☆)
・カリフラワーとホワイトソースとチーズのオーブン焼き(まるのままのカリフラワー。写真参照)
・かぼちゃのオーブン焼き
・ハム(ママのお友達がスーパーで買った、どーんとでかいやつ)
・ポーク(これまた大きなお肉のかたまりを、オーブンで表面はカリカリにやきました。カリカリの部分、クリスピーでおいしい☆でもなかはやわらかくって最高☆)
・チキン(まるごと。いつか自分でも焼きたい。近日実行予定)

そして
・ターキー!!!
まあ見た目はでっかいチキン。写真も左がターキー右がチキン。全部ママの手作り。Stuff(中のつめもの)もママがつくったんだって!!

できあがったら全部カウンターに並べて、help yourself!!って。ママ豪快。


b0063797_1532364.jpgこの日は、Joshのおばさんといとこ達、Joshパパママのお友達一家が来て、すごくにぎやかだった。みんなでプレゼント交換して、わいわい騒いで。。。あたしとmichikoはJoshから手帳もらったよー☆あたしたちは、Chrisにかっこいいキーリングと、Joshには爆笑漢字練習本(漢字は彼らにとっては絵みたいなもの。そんなわけで漢字を絵に見立てて覚えていくわけ。それがまた日本人の想像を絶するイマジネーションで展開されていく。圧巻。でも日本人の小学生にも使えそうだった。)、Joshママには着物のはぎれたち。彼女はパッチワークが趣味ですごい腕前!!まえからKimono fabricがほしい、って言ってたのをおぼえてたもんね☆(写真は前回高校のときからの親友が遊びに来て、JoshがAussie BBQに招待してくれたとき)みんなすっごく喜んでくれてたよー!!特にママなんて帰り際、何度も何度もjust beautiful...you're more than welcome!って言ってた。


b0063797_16482545.jpgこれは、クラッカー。両端を引っ張って、本体を取った人が勝ち。中には小さなおもちゃ、冠、なぞなぞカードがはいってる。なぞなぞでまた大騒ぎ。JoshのいとこのAdrianaはFijiにいったときに編んでもらったブレード(細いみつあみ)がよく似合うかわいい女の子。彼女はプレゼントに自分の声でロックできる日記をもらったのに、うまく解除することができない。JoshがスピーカーにむかってAdriana、というと解除。

他の人がAdrianaに、プレゼントは何?と聞くと、Joshが

She got a diary with a password which I can open.

といってたのが爆笑だった。。。

ゴハンのあとは、Christmas pudding。プディング、といっても、日本のあのプリンではない。あれはCustardナントカ(モノによって呼び方が少しずつ異なる)というもので、このChristmas puddingとは全くの別物。
b0063797_16204697.jpg

これは作り方としては
1.レーズン(sultana, currants)などドライフルーツを一晩ブランデーにつける
2.パウンドケーキのように作る(本当にそうだろうか爆)
3.ガーゼにくるんで・・・
4.お鍋の中でぐつぐつ!!

もう、3と4のあたりでこちらの想像を絶してますよね。
で、

5。一ヶ月ほど、寝かせる。こうすることでブランデー生地が熟成しておいしくなる、らしい。
というわけで、当日までに5までのプロセスはおわってます。Joshの家に行った頃にはもう一度、お鍋の中に入れられたあと。ゆっくりじっくり煮るのです。(蒸したり、オーブンで焼くやり方のほうが一般的かも。料理本すごく読み漁ったけど。)


b0063797_15244889.jpg6.完成!
誰かが途中で間違って火を消しちゃったみたいで、周りがふやけちゃったけど。。。そして「脳みたい」とかいってしまうJosh。日本の繊細なかわいいケーキとは全然ちがうから。来た当初なら食べてみたいとはおもわなかったかもしれない。


b0063797_15251634.jpg7.バニラアイスやブランデー生クリーム、ブランデーカスタードをのせていただきます!!

夢中になって食べて、写真をとりわすれました。食べかけです。ごめんなさい(爆


b0063797_15253866.jpg食べたあとは、お昼ねです。Aussie Christmasはこうらしい。もっと激しい家庭ではプールサイドでランチしたり、BBQしちゃうそうです。イギリス文化を忠実に引き継ぎながらも、どこかネジがはずれている、それが多分オーストラリア。
[PR]
by rkubotch | 2005-12-30 12:00


初夏のクリスマス

楽しかった人も、楽しくなかった人も、みんなおめでとうございました!「日本人はクリスマスを祝うの?(celebrate)するの?」という問いに窮することなく、「祝いはしないけど、楽しんでるよ(enjoy)」というような禅問答よろしく的に切り返しつづけたわけです。日本人の無神教感覚や多神教的な考えでいけば、ひいおじんちゃんも神様、お天道様も神様、海も山も神様。じゃあJesusも神様。それじゃだめですか?(爆)

まあ、そこまでいってませんけどね☆

あと、日本の方からよくいわれるのが、

「真夏のクリスマス楽しんでね!」

真夏がよければケアンズとかシンガポールいってね☆メルボルンは日本の5月末くらいの気候。ただ、朝夕はまだまだ上着が手放せないし、快晴の日はサングラスが手放せないほどに日差しが痛い。そんなわけで風邪記録更新中。もういやだ。

街はこんな感じ。

b0063797_15391555.jpg


青い空。
緑の木々。
赤い旗。
黄色い星☆

・・・中国かよーーー!!!!!
赤い旗に黄色い星って、暑苦しい。
でも、街中赤い旗黄色い星。ウチの近所のLygon Stも赤い旗黄色い星。

他にも。ナゾの巨大クリスマスオーナメント。

b0063797_15433724.jpg


クリスマストラム。

b0063797_15441417.jpg

b0063797_15464432.jpg

週末と、クリスマス直前の一週間はサンタつき。そして、michiko再び登場。

b0063797_15404914.jpg



次はAussie Christmasをご紹介☆
[PR]
by rkubotch | 2005-12-26 15:50


いよいよ明日!

b0063797_14193870.jpg

本日は、旅行記を中断してお送りいたします。(以前の使いまわしです)

東京大学ブラスアカデミー第11回定期演奏会
日時 2005年12月24日(土) 15:30開場 16:00開演
場所 大田区民ホール・アプリコ 大ホール
プログラム         
シンフォニア・タプカーラ (伊福部 昭)
サガ・キャンディーダ (B.アッペルモント) 他

指揮者 深山 覚、名古 裕輝
アクセス JR京浜東北線、東急池上線/多摩川線 蒲田駅より徒歩3分
    京浜急行線 京急蒲田駅より徒歩7分
備考 チケット不要です。入場無料・全席自由となっております。

東京大学ブラスアカデミーHP http://brassacademy.raindrop.jp
連絡先 brassacademy@xi.raindrop.jp

昨年、あたしが引退したサークル。あたしの、9年間のクラリネット生活を締めくくった定期演奏会の季節が、またやってきた。太陽さんさんとかがやくメルボルンでは、寒さと一緒に感じる感傷は実感できないけど、すごくなつかしい気分になる。

あたしは、OGとして一年目の今年の演奏会に、駆けつけることはできないけど、去年のあたしがそうであったように、今も、人生で最後になるかもしれない演奏会に向けて、思いをぶつけようとしてる後輩達を応援したい

ちなみに、客観的にみても、夏のコンクール、都予選、一般の部で何度も金賞を取り、今年度のアンサンブルコンテストでも誇れる成績を収めた彼らの演奏は、「内輪ネタ」をはるかに越える実力を伴っていることが期待できます☆

そんなわけで、イヴの行き先は、
大田区民ホール・アプリコ !

夜景デートの前に!
行き先のないそこのアナタもアナタも大歓迎!
[PR]
by rkubotch | 2005-12-23 22:17


ヤドカリだってギャンブルの対象 Fiji; Day 5 夜の部

バッパーでは毎晩なにかとイベントがある。

Chrisが「昨夜はおっきなパーティーだったのに」といってたけど、そういう場合は日本人はあんまり好きじゃないパーティーなことが多いので注意が必要。

でも、今夜はCrab Race。Crabといっても横歩きのアレじゃなくて、hermit crab=ヤドカリさん、というわけで、ホワイトボードには午後のアクティビティの中に「crab hunting」がふくまれていた。

日本からはるばるやってきた、No.8のヤドカリちゃんは「Fuji」という名前をつけてやる。他の国の人の期待を裏切らないいいネーミングだと誇らしくおもっています☆
b0063797_1465879.jpg



b0063797_1472351.jpgbarには大きく円が描かれ、中央にも小さな円。どこに走り出すか分からないヤドカリさんにはまっすぐなコースはムリなのです。


b0063797_1474868.jpg

さあ!ゴール間近!!

Fujiは入賞しなかったけど、おもしろかった☆でも1位はタダでfan dive、2位はエステ、3位はFiji beerだったから、ちょっと残念~。

そんなわけで、またSupermarket に行ってきます☆
Day 6につづく!
[PR]
by rkubotch | 2005-12-23 14:08


Supermarketに行く Fiji; Day 5

b0063797_21385082.jpg
あたしたちがManaに到着した日、スコティッシュのJamesとかいうやはりお雇いインストラクターがあたしに聞いてきた。

「今までどこ潜ったことあるの?どこ潜りたい?Supermarket?」
「え。。。Okinawaだけ。。。Supermarket?」
「ああ、ごめんごめん、僕はスコティッシュだから面白い話し方するからね、よくわからなかったか、あはは。」(※スコティッシュアクセント、というか話し方それ自体聞き取りにくい)

もちろん、島にスーパーマーケットなんてない。
Supermarketというのはダイビングポイントの名前。いろんな魚が食べ物を求めて集まってくるからとか、魚の種類が豊富だからとか、そんなわけでその名がついたみたい。その中には、サメも含まれる。ここを参照。

b0063797_21393896.jpgb0063797_2140155.gif
b0063797_21405849.jpg来てから知ったことだけど、Supermarketにはサメみたさで世界中からダイバーがやってくる。そもそもなぜそこまで「サメの出現」で有名になったのかというと、ここではshark feedingをしているから。以前、Manaにはアピという名のFijianがいた。彼は、伝説のダイバーで、「サメの餌付け」をはじめたという。彼はもうなくなっているけど、現在も息子がやってるみたい。(Chrisから借りたlonely planetより=記憶は曖昧)

一年半ぶりのダイビング。沖縄ではなかなか潜行しなくて大変だった。ダイブログや当時記録してたダイビング日記を元に、必死で復習。

あたし、浮きやすい体質なのです。海面で大の字になってずーっとぷかぷかしてられるけど、一方彼は沈んでしまう。ダイビングには向いてるのかもしれない。

ライセンス持ってる割には結構どきどき。だって沈まなかったら恥ずかしいじゃん(笑)

b0063797_21381217.jpg
ボートに乗って、ポイントに到着。コバルトブルーってこんな色、という色。真下のサンゴ!
思いっきり飛び込む。こんなに深い海は始めてなくせに、ちっとも怖くなかった。吸い込まれちゃいそうだった・・・(うっとり)

あたし、彼、Chris、欧米系のバッパーの皆様、全員集合して、BCのボタンを高々と掲げ、いざ、潜行。しっかり、目をつぶって(※つぶらなくても沈みます)、息をゆっくり吐く(※途中で呼吸するとうまく沈みません)。すーっと沈んでく感覚。

目を開けてみると、みんなはもっと沈んでた(泣)

サンゴの山、山、山!トロピカルフィッシュ!!

でも、忘れてはいけないのは、あたしにとってこのダイビングはFan diveになるんだけど、彼にとっては講習の一部。というわけで、海底にてまたマスククリア。。。みてるだけでぞわぞわなんだってばー・・・

そして、遠くにだけど、サメもみちゃった!!怖い気もしたけど、見られてよかったよ☆

b0063797_21463491.jpgニモもみちゃった☆ニモ大好きです。

もう後は写真でしかわかりません。この感動!!初めてディズニーランドにいった子どものような感覚☆わかるかな??

この日は、どうやら水深15mくらいでどんどん沈んできた気がしたからBCに空気を足してみたら、知らないうちに海面に戻ってた・・・ああ、浮きやすいって。。。

本当はSunset wallにまで行くはずだったのに、船にもどってみると、頭がくらくらする。しかも船酔い。あたしだけじゃなくて、彼も。バッパーに戻ってしばらくぐったり。あたしは午後になって調子が戻ったので、Chrisにログブックにサインをもらいにいった。

「ねえ、今日はどのくらい潜ってたの?」
「inが11:00でoutが11:57だよ」


・・・・・おかしくない?

一時間近くって。
おかしいとは思ってたんだよね。200だった酸素が終了時に60。こんなに少なかったことはないし、第一40分以上潜ったことはなかった。
それにしたって、ライセンス取得講習中に一時間って・・・絶句です。そりゃぐったりもする。

午後はFijianとバレーボールしたり、SydneyとMelbourneおじさんと世間話。それにしても、日本人の女の子とみると、下ネタに走りたがるのはよくあることなので、最近は笑って力強く一蹴できるようになった。

Day5夜の部に続く
[PR]
by rkubotch | 2005-12-22 21:28


彼を見直すのはどんなときか? Fiji; Day 4

だれか、夏風邪の治し方をおしえてください。一週間以上にわたってまともにしゃべれません。しかも栄養と休養のとりすぎで太りだしました。

では、本題。どういうときにパートナーを見直すか。
あたしは、自分の目の前で彼があたしのできないことをやってのけたときは、基本的に見直します。だからといってあたしの嫌いな生トマトを食べてくれても、それは違います。あしからず。

彼は、やってくれました。あたしの目の前で。

マスククリアを。

??

マスククリアってなんですか?な人に説明。ここなんかをみると簡単にわかります。(ぐぐってテキトーに当たっただけです、ここを利用したというわけではないです。ごめんなさい)要は、ダイビングライセンスをとるためには必要な技術があって、マスク(でっかいゴーグルのこと)に水がはいってしまった、またはマスクが水中で取れてしまったことを想定して、水中で、マスクをつけなおしたり、マスク内に入ってしまった水を追い出す技術のこと。そんなの水面に出てやればいいじゃん?というわけにはいかない。例えば、水深15mほどで、バディ(パートナー)と接触してマスクが取れてしまったら?水圧の関係上、そう簡単に水面に戻ることはできない。(ダイビングでは急浮上厳禁です)だから、全てを水中ですますしかないのです。

実は、あたしはライセンス取得の講習中、マスククリアをしているとき、パニックに陥っておぼれかけました。。。足ついてたのに。。。(恥)後になってぶんせきしてみると、海水が目に入ってくるのはすごく痛い。そのことが原因で呼吸が確保できてることをわすれてしまって、おぼれる!と思ってしまったんだと思う。講習中は常にびくびくしながらマスククリアしてたし、水深5mでマスク外すように求められたときは、外すまでにかなりの時間がかかった。海は好きだけど、怖い。一人じゃ泳げないし。

b0063797_10523498.jpgでも、無事沖縄でCカードを取得できてたから、あたしはすぐにダイビングにいける。でも、相方はもっていない。ということで、Manaでとっていただくことになって、前の日から講習を受けていた。それにしても、「耳抜き」がequalizeとかたまに予想もつかない単語もあるのに、英語で講習とかそれだけでもすごいと思うのに、あんなにひょいひょいマスククリアされるとこっちが驚く。。

b0063797_10552482.jpgその日の午前は、インストラクターのChris(お雇いインストラクターで、Brisbane出身。Manaでヒマをもてあます。すごくいい人)が、「ひさびさに潜るんだから、復習しとこう」っていってくれて、彼の実習についていったわけで。。。あたしの目の前でバーっとマスクに水を入れるChris。あたしはその光景をみてるだけでもうムリ。で、彼の番。あたしとしては、彼は初ダイブなわけだし、さほど泳ぐわけでもないし、もうハラハラドキドキ、なわけ。マスクに水は入っても、息はできるから、落ち着いて!と前もっていってあったんだけど。。。(ホントは自分にいってるようなもの)

でも、あっさりやってのける。マスクはずして付け直しても大丈夫。
すごーい☆

午後は、彼とChrisだけで実習にいく。あたしは海沿いで、本を読みつつその様子をみていた。Chrisが帰ってきて、その後を彼がゆっくり戻ってくる。Chrisが他のインストラクターに話してるのが聞こえる。「・・・それがマスククリアのとき、マスクが壊れちゃって。僕のを彼に貸したんだよね。。。」


!!!
あたしだったら間違いなくパニックに陥って急浮上しようとして肺破裂の危機!って事はマスクを付け替えるまでにかなりの時間があったわけで、何があったのかよくわかんないまま水深5m程度のとこで目をつぶって待ってた・・・ひえええ。

彼は、無事でした。いたって落ち着いてました。むしろ日焼けとBCすれのほうがいたそうだった。(実習中はまだウェットスーツをきていなかった)そして、沈みやすい体質のため、がんがん沈みすぎて、鼻血をだしてしまっていたけど、それでも落ち着いていました。

その度胸の据わりっぷりはどこからくるんだろうか。


Fiji time(=ゆっくりのんびり)
b0063797_10503964.jpg



b0063797_10534251.jpg



Fiji; Day 5に続く
[PR]
by rkubotch | 2005-12-19 10:36


地球の楽園-Mana Is. Fiji; Day 3

更新がおくれております。いつものことだけど(笑
こっちにきて約9ヶ月。夏風邪がいつまでたってもぬけず、すべてにやる気がおこりません。でも、こーんなきれいな写真を見てたらみんなに自慢したくもなる!ってことで、Fijiに上陸して3日目、夢にまでみたコーラルに囲まれた小さな美しい島、Mana島です☆
b0063797_11133181.jpg

Nadiからスピードボートで45分。マナ・アイランドリゾートではなくて、(日本人ハネムーナーに無敵の人気を誇る、日本人のためのリゾート、知りませんでした。)Ratu kini backpackersに到着!

島に来ることのデメリットとしてよく言われることは「他に行く場所がない」ということ。あたしも最初は本当のCoral Coastに行くつもりだったんだけど、ダイビングもするし、バッパーでのアクティビティもたくさんある、っていうし、のんびりしようとおもってたからきてみちゃったわけなんだけど。。結果としてはManaに行ってよかった!この一言につきます。ダイビングをするなら確実に島のほうがいい、でも、窓なしバス(そのうち写真のせるね☆)にのったり、マーケットにいったり、トレッキングもしたい、というなら本島のCoral Coastかもね。それはアナタしだい。島のメリットはなんといっても海がキレイ、ゴハンは3食付(ゴハンの調達の心配しなくていい)、ヒマにならないためのアクティビティが充実、村人もヒマ(みんな観光業に従事してるから)であそんでくれる、といったところ。

b0063797_11183182.jpg

b0063797_1119313.jpgb0063797_11201567.jpg

海に面したレセプションを抜けると、裏は、バッパーの施設と村のミックス。小学校からは子供達の歌がきこえ、道をまたぐように洗濯物がひろがる。目が合えばBula~!(Hello,のFiji語)みんな耳元に南国の花を添えて、のんびり歩いてる。

シャワーはもちろん水だけだし(本島のバッパーもそうだったけどね)、することといえばとくにないけど、暑いと思ったらきれいな海に飛び込んで、木陰で寝そべって本を読んで、散歩して、昼寝して、フィジアンと遊んで、そんなぜいたくなのんびりが味わえる。それが、Mana Is.

Day. 4に続く
[PR]
by rkubotch | 2005-12-18 11:04

    

メルボルンの友達にもらった画像☆これのメッセージカードとTシャツまでもらったのです。そんな仲間に囲まれてあたしはなんだかんだ幸せです☆
by rkubotch
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31