codenameはr-kubotch☆(仮)


<   2005年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧



リゾートに行く Fiji;Day 2

日曜日のFijiはつまらない。マーケットもない、スーパーさえ開かない、ゴハン食べるとこにさえ苦労する。そんなわけで、バッパーのおばちゃん(おねーさん?)がすすめるままにSonaisali Is.というリゾートに行く。(日本語だとソナサリ、って読むのかな?)50ドルと決して激安ではないけど、Fijiのリゾートは「客をあきさせない」ようにつくられているので、日曜日の行き先としてはお勧め、といえるのかもね☆Fijiに行く皆さん。日曜日は市街地脱出の日です。クルーズとか、Fijian Villegeに行くツアーとか。

b0063797_18461443.jpgb0063797_18463661.jpg
でも、Nadi(こっちはナンディと読む)から車5分、船、といっても目と鼻の先の対岸なので、海は茶色がかっている。泳ぎたいとは思えない。そんなわけで足こぎボートとかカヌーとか、とにかくタダのもので遊ぶ。あとはプールでぷかぷかしたり、ボケーっとしたり。卓球したり。他にもテニスとか乗馬とかあったんだけどね、ぼーっとしすぎてた(笑)

でも、リゾートだけあってランチはステキすぎる☆インド系がいっぱいいるだけあって、カレーはおいしい。(その辺の道端の食堂でもインド味はおいしいよ!)プールに入ったままバーにいって、グラス片手にプールな人も多数。うーん。リゾート。

今日のオチとしては、パンフレットのFree activityの項目の中に、Coconut tree climbingがふくまれていたことくらいか。ココナッツツリーと、マンゴーツリーの小話は、またいずれ。

明日から!Mana Isのお話に続きます☆
[PR]
by rkubotch | 2005-11-20 08:18


あたしをおいていかないで Fiji; Day 1

あたしの泊まったバッパーのあるKings CrossはSydeney1の歓楽街。そして、その価格の安さから、世界中のバッパーのミーティングポイントとしても名高い。

あたしが泊まった韓国人経営のバッパーも1泊20ドル(Central YHAだと30ドル以上)、1週間で90ドルというところだった。そんなわけで、いろんな人が集まる。

同じ部屋のフランス人の女の子。クラブにいく、といってあたしの知る限り、4回服を替えにきた。新婦のお色直しじゃないんだから。そして、ベッドにはヘアアイロンと、パンパンに服が詰め込まれたスーツケース。ところ変わればバッパーの目的も変わるらしい。

同じく、韓国人のおばさん。あたしの真下のベッドなので、とりあえず「英語で」自己紹介をする。返ってきたリアクション。

首をぶんぶんと横に振って「○※×▼☆ー!!!」(韓国語)
わかりません、「あたしは日本人だ」と英語で主張したはずなんですけど。。。

途中で別の韓国人の女の子と、韓国語が堪能な日本人の女の子がやってきて、あたしのちんぷんかんぷんは収まる。それにしても、オーストラリアで英語で話しかけられて、一言も英語で返してもらえない、という経験は初めてだった。

日本からお越しの皆様。
英語が話せなくてもこの国の都市部ではやっていけますが、この国の公用語は英語のみです。お間違えのないよう。

そんなこんなで12時くらいに就寝。

翌朝、朝日と、街の喧騒で目覚める。

それでいいのか?あたしのフライトは8時10分で、朝ごはんも食べたいし、タダ食料でランチも作る予定で、バッパーの目の前でCoach Bus乗るはずだから、まだ日の昇らない4時半におきるはずだった。。

外は、明るい。

同室の日本人のコもおきている。

時計は。。。。。

6時40分!!!!!

間に合わない!でもFijiに今日行かなくちゃ!

不幸中の幸いは、ほとんど荷物を分解していなかったことと、バッパーが駅に近く、うまくすれば空港まで電車で30分以内でいけることだった。そんなわけで顔も洗わず駅まで走る。Central の乗り換えで、構内を全力疾走。パンパンに詰め込んだバックパックに倒れそうになるけど、そんな場合じゃない。空港行きのプラットフォームの電光掲示板は、次の電車が2分後ということを教えてくれた。それを逃すと15分後。時計は7時13分。

7時20分、国際線ターミナル駅到着。Pacific Blueのカウンターを探す。

。。。誰もいない!うそ!?

そばで、おねーさんがカウンターの片づけをしている、必死に懇願してチェックイン。
「もう、しめちゃう!?(泣」
「いそいで済ませるわ(怒」

何とかチェックインして出国検査。。。長蛇の列。でもExpressカウンターがない。案内の係員もいない。てかあいてるカウンターの数が少なすぎる。。。こんなときに!前の人に説明しても、まったくわかってもらえず(あたしのせいではなくて、I...I can't understand Englishといわれる。)7時50分、出国審査を抜ける。ゲートの位置を確認。遠!!

仕方がないのでまた全力疾走。ゲートは。。。こっち!とあわててスロープを駆け上がる。そこでビープ音とともにしまる扉。押したら開くかな?押し戻せなかったらどうしよう!と思いつつも、体当たり。そのまま走り続ける。

ゲートにたどり着くと。まだたくさんの人、搭乗案内も始まってない。。。何なの?

とりあえず、無事飛行機に乗ることができました。

Fijiのバッパーで、チェックインで少しもめたり、行く先を強引に決められたりと簡単にはいかなかなかったけど、こうして振り返ってみると、6時40分起床よりも激しい失敗はなかった。。。

実は、Nadi(Fijiの空の玄関口。日本から行く場合はほとんどここ)で相方を待っている間、ハリウッドスターもきたらしく、大騒ぎしていたようだけど、だれも名前はまともにわかっていなかった。さすが、のんびりFiji.

というわけで、Fiji旅行記始まりです☆
[PR]
by rkubotch | 2005-11-19 14:21


ロブスターを手に入れろ! Sydney;Day 1

朝早く、Minkeeにお別れをして、Spencer Stに向かう。
Avalonに向かうバスは、Transit Centreに来る、というはずなんだけど、誰に聞いてもそんなものはしらないので、途方にくれてしまった。。。。大丈夫なの、この旅?
MelbourneではTransit CentreといえばFranklin Stにある、長距離バスの発着点のことを言うのであり、Spencerにあるのは、国際空港に向かうSkybusのCoach Terminalしかない。でも、説明書きだとたしかに「Spencer StのTransit Centreにある」という。駅員さんもしらない、Newsagancyのおじさんもしらない、やっと工事現場のおじさんが脈ありな事をいって、つれてってくれた。。。。。ってCoach Terminalじゃん!真っ赤なSkybusあるし!!

よくみると、端っこに、白っぽいバスもいる。運転手さんに「これ、Sydney行きのJet Starが発着する、Avalonにいくんですよね?」って聞いたら「いぇー!!今日からSydneyだぜー!」っていわれた。早く切符売れ。てかお別れの感傷はどこへ。

というわけで、Melbourne在住の皆さん。Avalon行きもIntl行きもCoach Terminalで大丈夫。SpencerにTransit Centreはありません。
日本からおいでのみなさん。MelbからSydney, Adelaide, Brisbaneに向かう際はJetは使わないほうがいいです。カンガルー(カ○タス)も高いかもしれないので、Virgin Blueで行きましょう。

b0063797_171197.jpgAvalonはびっくりするくらい小さかった。ちなみにJetでは飲み物すらサーブしてくれません。だから安い、といいたいのだろうけど、それは納得がいかない説明と言うものだ。

Sydneyに無事到着。Kings Krossという、バッパーの集まる安宿地域に行こうとしたのだけど、電車の1日乗車券(City Hopper,空港を通過するための電車のみの乗車券。Day Tripperとは違うので注意)が異常に高い17ドル。あとからわかった事実だけど、空港からCentralに電車で向かうと片道でも12ドル。Coach Busのほうが安い。Sydneyでの交通費にはいろいろ考えさせられるものがあった、というかMelbourneって単純なシステムしてるな。。。そしてあたしが3年間生きたのはさらに複雑なTokyo...

ちなみに、バッパーに電話して「迎えにきて☆」って頼んだのに1泊しかしないやつは10ドルっていわれて諦めた。けち。

Kings Crossは、Sydney1の歓楽街とは聞いてたけど、朝10時から身売りの女の子がいたのにはびっくりした。とまるとこ間違えてんじゃないのか、あたし。。。

荷物を置いて、今日のハイライト、Fish Marketにむかう。。。。

Melbourneには、おいしいシーフードは少ない。常に魚に飢えている。というわけで帰国したら実家よりもディズニーランドよりも築地かアメ横に連れて行けと、成田で絶叫するくらいの欲求不満ぶり。今日1日はSydneyの様子を見て、Fijiから返って来た後のアレンジをして、Fish marketにいくんだ!と相当の決意で臨む。

しかし、City Hopperはバスやトラム(ライトレール、というトラムなのか電車なのか分からない乗り物)に使えず、Fish marketはまさに後者2つの手段でしかたどり着けない。意味のない1日乗車券だった。

b0063797_1714422.jpgでも!!Fish marketには大満足!一人でLunchに25ドルかけちゃったー☆満腹。ロブスターのグリルとてんこ盛りのチップスとサラダとドリンクで15ドル。お刺身もほしい数だけきってもらえたし!満足。バッパーでタダでゴハンたけたかたいくらもほしかった。いくらいくら。いくらとサーモンの親子丼食べたい(※当時まだ食べたばかりです)


b0063797_172307.jpgこのMarketは業者向けなんだけど、最近では一般の人も利用しやすいようになってるみたい。Lunchなんて行列あたりまえの、安くっておいしいお魚が待ってます☆日本から行く人は、こっちの魚の食べ方をしるいい機会かも。今でこそオージーも喜んでお刺身食べるけど、やっぱり主流はFish'n'Chipsやイカリングフライが主流みたい。

次回、Fiji旅行記に続きます☆
[PR]
by rkubotch | 2005-11-18 13:05


旅の直前の決心

Chinese Polの試験直前、Wendyの家にいた頃のシェアメイト、Minshien(マレーシア、姉)から電話が入る。ANUからまた合格通知が届いたから取りに行くか処分かを決めてほしいとのことだった。

問題は、ここから。Minkee(妹)が24日に帰国してしまうという。

困った。あたしがこっちに帰ってくるのは、どんなに早くても28日。最後に会えない!ということで、あたしはMinshienやWendyが止めるのを聞き流し、決行。

明日は、朝6時、Spenser Stからでるバスで、Avalon Airportという、MelbourneとGeelonの間にある空港に行かなくてはいけない。Jet Star(国内格安航空会社)をMelb→Adelaide, Sydney, Brisbane間で使うときは、いつものIntl Airportではなくて、遠くに行かなきゃならない。でも、Wendyの家の最寄り駅からSpencerまで行く電車の始発は5:13発、5:40着。いける!

そしてあたしは夜10時半、Wendy宅に到着。
早速Wendyに怒られる。彼女は機嫌が悪いときはとことん悪いので、気にしない(笑

Minkeeはすごくよろこんでくれて、二人でずーっとおしゃべりして、最後にはMinshienとMinkeeのベッドをくっつけて3人で仲良くおしゃべりしながら寝ました☆この修学旅行、女子部屋的な雰囲気がたまらなく好き。仲良しの友達と部屋を真っ暗にして、もうすぐ寝てしまいそうな瞬間のおしゃべり。あたしがすんでた頃からMinkeeとはよくTVみながらしゃべってたけど、College Squareに移ってから、会う機会もなくなっちゃってた。それがすごく残念でたまらないけど、無茶してでも会いにいけてよかった。こうして、あたしの中にも、Minkeeの中にも、この思い出が残ってくれる、その思いが、嬉しかった。

b0063797_22532627.jpg
写真は、ずっと前にMinkeeに着付けしてあげたとき。人に着付けはまだなれてなかったし、
あんまり待たせるのも悪くてぱぱっとやったら大変なことになっちゃったなぁ。。。
次は、Sydneyでのお話です☆
[PR]
by rkubotch | 2005-11-17 22:34


第「1」学期終了。

今日は、Chinese Politicsの試験。

予想通り、厳しい試合を強いられた。

残されたものは、喪失感。
いや、的を得た回答、らしきものは思いついたんだけど、「明確さ」と「書いた量」を考えると凹まざるを得ない。

Michaelにあわせる顔がないのだが、彼は今度はロンドン。それはそれでさびしいんだけど。

でも、試験前にあたしのことを見つけて、Good luckってわざわざ声かけてくれたのはうれしかった。

やばい、精神的に鬱入ってきたのに、明日から楽しいSydneyとFijiです。
あたしのココロにお日様が降り注ぎますように。

なにいってんだか。

でも、試験問題をみて思ったのは、Michaelは本当に、自分のフィールドの最前線で活躍してる人なんだ、ということだった。

あたしは、そういう先生にあたれただけでも、うれしい。
[PR]
by rkubotch | 2005-11-17 15:52


堪忍袋の緒はどこまで耐えられるか

Yahooでみつけた記事。

ヒトラー例えに靖国批判 中国外相、訪問先の韓国で

 【釜山15日共同】中国の李肇星外相は15日、「ドイツの指導者がヒトラーやナチス(の追悼施設)を参拝したら欧州の人々はどう思うだろうか」との表現で、小泉純一郎首相の靖国神社参拝を非難した。アジア太平洋経済協力会議(APEC)で訪問中の韓国釜山のホテルで一部記者団に語った。
 李外相は最近、靖国問題について異例ともいえる調子で批判の声を高めているが、参拝批判にヒトラーやナチスを持ち出したことは、日本側で波紋を呼びそうだ。
 外相は「あれほど多くの人々を傷つけた戦争を発動した戦犯を日本の指導者が参拝することで、アジアの人々の気持ちが傷つかないかどうか、日本人は考えたことがあるのか」と指摘。参拝中止に向け「基本的な善悪の観念を持つべきだ」と訴えた。
(共同通信) - 11月15日18時37分更新

あたしは、ここで小泉首相の靖国参拝の是非を問うつもりはありません。

でも、この発言から明らかになるのは、「靖国神社」がどのような施設であるのか、ということが、中国側には全くもって理解されていない、極端に言えば、知る努力をしていないということ。

意図的に、理解を拒んでいることも考えられる。むしろ、あたしはそう思っている。

今日、あたしが言いたいのは本当にそれだけ。

いらいらする。
[PR]
by rkubotch | 2005-11-15 22:00


戻りたいあたし?-We're Dream Makers!

Chinese Polの試験まであと4日。ScottishのMichaelの言うことはその独特のアクセントも
さることながら、早口、PowerPoint支離滅裂、いってることも物語り風、というわけで、録音ファイル、ノート、テキスト様々なものを駆使しても、根本的に自分の頭でPolitcsとHistoryとChinaという要素をうまく自分で組み合わせていくしかない。(と思う)

まあ、あたしの力及ばず、というのはいうまでもない。

悔しい。

でも、試験以外にも、やらなきゃならないこと、考えなきゃならないことが多くて、一年前、あたしは結局あたしはなにもかも先送りにしてしまったんじゃないか、と思わずにはいられない。こんなことなら一年生のときからもっと勉強しとくか、花嫁修業でもしておけばよかったのだ。

といいつつも、大学生活をかなり謳歌した、ということにはまずまず自身がもてるので、そう後ろ向きでもない。

どっちだよ。

ただ、はっきりしていることは、いつからわからないけど、それまで幸せだと思ってたことだけが幸せではないということに、気付いてしまっている。あたしの幸せの定義はあたしを越えておおきくなって、あたしを飲み込んでしまう。

自分の力でそれをつかむ自信も実力も、「今は」、ない。

10月の異常なまでのホームシックに比べれば、すり減らしたココロも体重も(爆)戻ってきてる。でも、自分の力で何かアウトプットする力がない。まとまったことを表現できない。

というわけで、まとまったことを書く必要のないバトンをまわしてみます。
たにちゃん、長い間放置してごめんなさい。。。

あたしが、多分、人生で一番輝いていたかもしれない、まぶしい17歳です。

Q1:17歳の時 何してた!?
高2の夏から高3の夏、だね。
延々と部活してた。受験勉強を始める。
人間関係も不安定要素を抱えながらも、結果的に良好。ほんといい友達、先輩、後輩、先生に囲まれてた。今思えば、家族との関係も良好だったと思う。実家にいるけど、休日も家にいることはなかったし、いい距離感だった。

Q2:17歳の時 何を考えてた!?
とにかく、現役で大学にはいること。高校生活を楽しむこと。

Q3:17歳の時のイベントは!?
最後の定期演奏会。最後くらいうまくやりたくて、先生に個人レッスンお願いしたり、雨の日も風の日もロングトーンしたり。演出考えたり。いろいろやったけど、今考えると部活の思い出ってほんといいことしかのこってないなぁ。

文化祭での合唱祭。
これは、あたしは今でも3Dのみんなと、山越先生にお礼を言いたいです。あたしの強引なまでの指揮をみんなが信じてくれて、一緒に作れたからこそ、この思い出があたしの中に残ってる。
2位ではあったけれど、あたしは最後の和音のぶれ一つない響きをわすれることができません。

そういえば、あたしたちDream makersだったよね(笑
来年の夏は3Dのみんなに会いたいです☆そういえば今年はクラス会どうだったの??
あたしも、将来は「夢作る人」でありたいなあ。。。

Q4:17歳でやり残したことは!?
数学の勉強。
ここでもっとがんばってれば、国際経済など、種々のことに悩まなくてすんだはず。

ピアノの練習。
もともと才能ないと諦めてたけど、ここでやめたのがきっかけでますます遠ざかった。

それ以外は、やりきった、と思ってしまうのは、傲慢ですか?

Q5:17歳に戻れたら何をする!?
夜遊び。

書いてて懐かしくなった。

今だもん、Dream makersのこと思い出したの。

大学に行って、国際関係を勉強したいんだ、留学もしてみたいんだ、だから大学行くんだ、って目標見据えて、ただがむしゃらだった。今のあたしにかけてるのは、そういうキモチなんだと、改めて気付かされる。

3限と4限の間に早弁して(恥)、昼休み英語の原先生を困らせたあたしはどこへいったんだろう。
[PR]
by rkubotch | 2005-11-13 16:18


気晴らしにバトンをまわしてみる

海外バトン、です。
今一応海外にいる身としてはバトンガール(小学生当時)に戻った初々しい気持ちでまわしてみようとおもいます☆

って、Essay直すの飽きただけなんだけど。

Melbourne Cupの記事とか書きたいけど、あれは時間がかかりそうなので、では思いっきり大車輪(バトンの技術の一つ)まわします。

Q1 これまでに海外に行った回数は?
9回?
一度に3個スタンプもらったときとか、オーストラリアからNZ行くときってどうカウントすりゃいいんですか?

Q2 これまでに行った(滞在した)ことのある国(地域)は?
政治的問題があるので質問文を変えています

アメリカ、カナダ、中国(3回)、台湾、シンガポール、マレーシア、ベトナム、NZ
現在オーストラリア在住

Q3 その中で良かった国or場所TOP3は?
え、決められないよー!!とりあえずアメリカではない。
カナダはきれいだったけど、中学の海外派遣使節で行ったから、自分で行った気がしない。

Q4 人を案内できる海外の都市は?
メルボルン。当たり前といえば当たり前。郊外も可。

北京と上海も結構大丈夫。バスと地鉄(Ditie,地下鉄だよ)とタクシーを駆使して。

Q5 行ってみたい国or場所は?
カンボジア、タイ。アジア好き☆ マレーシアは島でぼけーっとしてたから、KLとか行きたい。
最近卒業する前に一応女の子なんだからヨーロッパいっとこうぜ!って思うようになってきた。

Q6 よく使う航空会社は?
行き先による。
中国だったら中国東方が安さではベスト、安全性も考慮するなら中国国際。
AUS→NZだったら断然エミレーツ(UAE)

Q7 好きな航空会社と嫌いな航空会社は?
好きなのは断然シンガポール航空!!安いのに世界最高のサービス。最近ではエミレーツもそれに負けない。

嫌いなのは断然某動物系航空会社。最近ではAUS→US路線を独占しようとしたり(シンガポール航空締め出し事件)、エミレーツの便数倍増計画に横槍を入れようとしたり、荷物の制限がやたらきびしかったり、職員が麻薬密輸にかかわってて、首都だと勘違いされてる都市の空港で摘発されたり、話題のShapelle Corby(麻薬密輸の疑いでインドネシアで逮捕、裁判、20年Jailを言い渡される)は空港職員に利用された、とか散々なことばかり。
皆さん、オーストラリアにお越しの際は、JALと動物系ではなく、シンガポールやマレーシアを利用してストップオーバーも楽しんでください☆


Q8 好きな空港と嫌いな空港は?
好きなのはシンガポール、チャンギ。ショッピングセンター並、インターネット無料、映画も見れるとにかく最高!!


嫌いなのはハノイ、ノイバイ。
まず、日本人はビザなしで2週間滞在できるのに、「ノービザ?ノービザ?ああ?」って早くスタンプ押せ!!小さな小さなラゲージクレームのひとつに、ほぼ同刻に到着した三機の荷物をすべてまわす。荷物つまるし、なかなか自分の出てこないし、入国審査してから1時間以上待った。まず、何で別便もいっしょにまわすんだ?そして帰りの便も最高の遅れっぷりを見せたのは、ノイバイ。

Q9 海外での失敗談は?
数あまた。

蘇州で見知らぬ男性に食事をおごってもらってしまって自らを危機に追い詰める
(結局何事もなくホテルの部屋まで送ってもらう)
北京大学構内で「小日本!」とののしられ、一触即発
NZから帰ってきたところで、怪しい人扱いされて職員とけんか
台湾で暴風雨に見舞われ。なぜか9階で床上浸水

など。

Q10 バトンを回したい人は?
昔からチェーンメールをとめる人でした。


ええ、知ってます。バトントワリングのバトンじゃないことくらい。

今まであたしに回してくれたのに、ストップしていてごめんなさい。
これからは気晴らしに書いてみようと思います。
[PR]
by rkubotch | 2005-11-06 09:53

    

メルボルンの友達にもらった画像☆これのメッセージカードとTシャツまでもらったのです。そんな仲間に囲まれてあたしはなんだかんだ幸せです☆
by rkubotch
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30