codenameはr-kubotch☆(仮)


<   2005年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧



オーストラリアで着物を着る

b0063797_11221317.jpg
今日はクラスメイトのMay(タイ)のお誕生日会。
Mayがおいしいご飯を作ってくれました。

そしてあたしは朝早くから郵便局から荷物をもらってくる。
頼んでおいた着物。
一ヶ月以上ぶりに着たから、時間がかかってしまい、Alexたちとの
待ち合わせに遅れてしまう。「着物着るのに時間がかかってるの!」
という日本人以外には多分不可解なメールをおくる。

Mayは手作りのクッキーとおいしいおいしいタイ料理を用意して待っててくれた。
Mayのお誕生日というよりはMayにご馳走してもらった感じ(爆
また食べたいよう!
着物着てくるんじゃなかった・・・食べたいだけ食べることは不可能 。

帰りにみんなでCityに行く。インドネシア祭りがあるらしい。
駅ですれ違ったオージーのかっこいいおにいさんがあたしをみて
にこにこしてくれた。うん、気分いいぞ(笑

でも、インドネシア祭りには間に合いませんでした(泣
Charlesがサングラスを取りにいってまたみんな巻き込まれたからです。
でもPanduが明日Box Hillでインドネシア祭りがまたあるらしい。
つれてってもらう約束した☆

b0063797_11232730.jpg家に帰ってMinkeeに着せてみた。
あたしも人に着付けしてあげられるようになりましたー!!
[PR]
by rkubotch | 2005-04-30 11:21


現地の愉快な仲間たち

実は、NZ行きを決めました。

AucklandのStudy Abroadに行くとかではないです 。

5月2週目は学校がお休みなので、
こっちの航空券格安サイトを探して、
エミレーツ往復240ドルを発見!でも!!
石油価格の高騰のせいか、純粋にDeparture taxなのか、
合計は360ドルになる。。。。
サーチャージでも空港使用税でもなく出国税って何。。。
しかもエミレーツは115ドルでカンタスは133ドルなの。。。
カンガルー航空はもう使いたくない、という気持ちがますます強まる。

で、日本人仲間のやすが、NZ行きに食いつく。
そして愉快な韓国人、DennyとKrisも食いつく。

別に彼らと行動を伴にするわけじゃないです。飛行機だけ一緒。

そんなわけでついにこっちでも韓国人のお友達☆
幅が広がってきました。

今日はこの愉快な仲間たちに巻き込まれて、
というかもう一人の韓国人、Justinのおうちで食べられる
韓国料理に自主的につられる(爆

b0063797_11183358.jpg久々のもちもちの白米☆キムチ!!Justinのゴハンはすっごくおいしかった!!
(もちろんWendyもお米は出してくれるけど、Minshienいわく”Wendy cooks rice quite hard!”っていうくらい、芯がのこってるのー)
これが今日の晩餐!!
おいしくて、ビールがすすんで、初めて自分で一缶あけました。
(あたしすっっっごく弱いのです)

b0063797_11185660.jpgこちら、ゆかいな仲間のKrisとDenny。
でも作ったのはJustin.

b0063797_11193721.jpg「第二外国語はナメック語」とのたまった日本人仲間のヒデ。
みんなでナメック星人を呼び出そうとする。
(この写真は個人的に見たい方に。。。w)
久々にバカ騒ぎした日。
こっちきてから始めて夜遊びした。11時帰宅。
あたしもイイコになったものです☆
[PR]
by rkubotch | 2005-04-29 11:13


がっかりお買い物とハッピーヴェトナムごはん

模試、だったのですが、腑抜けていてとんでもない成績を残す。

その後、Pandu、 Gadis(インドネシア) Yami(中国)と
Outlet天国のRichmondにいく。
インドネシアの二人とはぜんぜん絡んでなかったし、
Yamiはクラスでいちばんおしゃれで、
「中国は日本のファッションの真似で、日本の方がおしゃれだ」っていって
お買い物には気の合いそうなタイプですっごくたのしみにしてました!!

が、ESPLITは大ハズレ。
ほかのお店も当たったけど、Cityのノーブランドのほうが
かわいいかもねーって結論に至る。
Yamiがつれてってくれたほかのお店でかわいいセーター発見したけど
大きすぎて着られない。。。

その後、Outlet通りから外れて、ヴェトナム人街へ!
看板に英語、ちゃいご、ヴェトナム語が並ぶ。
余談ですがチャイニーズはどうしてもVietnamが発音できないので
「越南(Yuenan)]といってあげると話がスムーズです。
ヴェトナムジン街を楽しみにしてて(色気<食い気)
ランチ少なくしといて正解!!フォーと春巻き食べました☆
コーヒーも濃くて、コンデンスミルクで大満足!

最近買ったコーヒーがすっごく薄くて、
ヴェトナムで買ったのを日本においてきちゃったのすごく後悔してるの。。。
あれを今頃母親が楽しんでるんだと思うと。。。くぅ。

その後、Gadis,PanduとCityのAsian groceryへ。
いつもと違うとこにつれてってもらったら、
おばあちゃんにあっという間に飲まれた台湾ウーロン茶や、東南アジア系の
紅茶、コーヒー発見!!ウーロン茶は30ドルもしたからがまんした。。。
そして、無料の人民日報を発見!これからCityに行くたびにもらうぞw

今日は初めてGadisといっぱいお話した。
彼女はインドネシアでは弁護士で、38歳1児の母。
ここメルボルンではPandu(28?)の母親代わりらしいw
どうりでいつもPanduがお供してるわけだぁ。
「Rieはあんまり話しかけてくれないから。。。」って心配させてしまっていた。
まあチャイニーズが多すぎなんだけど。
「Rieと話してみたかったの。今日は楽しかった」って言ってた。

あたしも楽しかったよ!Gadis☆
[PR]
by rkubotch | 2005-04-28 15:57


オーストラリアでセクハラをうける

タイトルに関するねたはしたの方にございます。


今日、図書館で珍しくCharlesが日中関係の新聞記事を読んでいた。
そこで今日も話を吹っかけてみる。

めっちゃダイレクトに聞いてみた。
「自分の国の政府のことどう思う?」

Charlesはあんまり答えられなかった。
Alexは「自分は中国が好きだし、だから政府も好きだ。
もし、共産党が滅びても、僕は中国人だし、中国が好きだ」

そして、Victor。

「僕は共産党員なんだ」

うーんと。
あたしの知識のもろさがろていなんですけど、まさかVictorから
顔面パンチ食らうとは思わなかった。

とりあえず、結構みんな共産党好きらしかった。
ほかに政党あったほうがいいとか思わないの?って聞いたけど、
微妙な反応だった。
複数政党制との違いがまずわかっていなさそうだった。
「共産党しかないからほかのなんて考えられない」的なこといわれたしね。

で、お決まりの歴史議論へ。
Charlesがいつものように馬鹿にしたような微笑を浮かべて
「高校での俺はすごく歴史を勉強したんだ、お前どんだけ知ってるの?
日本人てfasionとかばっかに興味ある、ってテレビでみたぞ」

そこまでいわれちゃたまらない。
アジア科に属し、ストイックに日中関係ばっかり見てきたものとしては
ここで黙っちゃ女が廃ります。
で、ある程度言い返す。

「日本人の学生すべてが知らないわけじゃない。
政治や歴史に興味ある子はある程度わかってる。
あたしが何もわかってないとでも思ってる?」

※Charlesはあたしの中で「話してて疲れる人No1」なので
手荒な扱いが許されます(爆

そうこうしてるうちに、やっぱり彼らが「愛国心教育」にやられていることが
浮き彫りになる。
「中国だって歴史を歪曲してる」と中国政府を罵倒した春富とはぜんぜん違う。

でも、今日はいろんなことを聞いた。

彼ら自身が「もはや共産主義ではない」と感じていること。
中国は、戦争犠牲者や、各国に謝罪をしたドイツを許し、尊敬し、
学校教育でも、日本とドイツを比べていること。

そこで、あたしは日本とドイツで行われた戦後処理の違いを
説明する。
この辺は結構複雑であたし自身、考え込んでしまうことも多い。

で、やっぱり理解してもらえない。
春富だったらわかってくれるのになぁ。。。

今日の名言。

Alex「歴史は永遠じゃないんだ。今までに滅びなかった国があるか?
ない。アメリカもいつか滅びる」


Alexは歴史の本を読むのが好きだ、といっていたが、
きっと誤った種類のものでもたくさんよんだのでしょう(爆

そして、事件は放課後に起こる。

KenがあたしのとなりでPCを使っていた。
「Rie! 写真見せてあげる!」
画面を覗き込むと。。。

日本人女性の卑猥画像!!!!

ものすごい勢いでKenを非難する。
「でも日本人だよ!?」ってだからなんだ!!


それ以来、Kenの弱みを握る。
[PR]
by rkubotch | 2005-04-28 10:20


欲しがりません勝つまでは

あたし本気です。

ではまた後日(爆)

写真はSpencer Stの駅。
まだ建設中だけど、屋根がかわいかった。
b0063797_15131857.jpg
[PR]
by rkubotch | 2005-04-26 15:12


ANZAC DAY

引きこもってた。

Anzac Dayっていう休日でした。
オーストラリア、ニュージーランドで、これまでの戦争などで、
無くなった兵士たちを称え、慰霊する日。

セレモニーとか行きませんでした。
でも、後でいっておけばよかったと後悔。。。
昨日あいつらに巻き込まれていなかったら…
(よい子はヒトのせいにしないでね☆)

b0063797_15104829.jpgWendyがAnzac bisketsを焼いてくれたけど、
小麦粉を入れ忘れる。

多分一日勉強してたと思われるけど、
記憶が定かではない。

後に、先生がみんなに「軍人のためのpublic holidayはあるのか」って
聞いてたけど、中国ではholiday for the armyであって、
一般人にはなんでもない日らしい。

意外、とかおもってしまった。
[PR]
by rkubotch | 2005-04-25 15:11


無題

今日はお約束どおりAmyとYanとお買い物のはずが、
なぜかYanが現れず・・・
でも気を取り直してAmyとその友達と出発☆

b0063797_1551038.jpgまず、Flinders StのArts CentreのSunday Marketに行った。
雑貨やCraftモノ(なんていえばいいんだ…)が多くて、
張り付きたいくらい!!
すっごくかわいいものがいっぱいで、来週また、今度は一人で来ようってきめた!!
写真は来週いっぱいとります☆

で、Victoria Market再び。
日曜日は多くの生鮮食品系のお店がおやすみなんだけど、
その代わり郊外からいろんなワイナリーの人たちがやってきて、
ワインをたくさん試飲させてくれます。この日はフルーツワインをいろいろ試して
Amyが少しひいてました(嘘
Amyたちは少しがっかりしたみたい。
「中国の朝阳(chaoyang 北京)や 襄阳(xiangyang 上海)のほうがすごい」
っていう。
そりゃ安さと偽ブランドの多さじゃ勝てっこない…

でもでも!
Arts Centreのは、比べ物にならないとおもうよ!!
ほんっとかわいいもの多かったもん!!

その後、なぜかチャイニーズ集団に巻き込まれた(Alex, Victor, Charles)
しかも全員でCharlesの買い物に付き合う。
途中でPanduにも会う。
300ドルもかけて度入りのサングラスなんて買ってんじゃねー・・・・

あら失礼(爆

その後Yamiまで参戦して、この前行った上海水餃子のお店に行くことになった。
この前行ったから別のところがよかったのに。。。
Vinegarという単語を思い出せず、
Alexと「酢!(※「す」ではなく、「cu4」と読みます)」と連発して
後に二人でなぜこんな簡単な単語がでてこなかったのか、
そしてなぜあたしはちゃい語の方しか思い出すことができなかったのか
激しく反省する。
※中国では餃子は黒酢で食べます☆

b0063797_1555230.jpg最後にお金持ちAlexの豪華邸宅(目抜き通りのSwanston St沿い)のフラットで一人暮らし!!)に行って、テレビ見て、ビール飲んで終了。
なんて日だ・・・
[PR]
by rkubotch | 2005-04-24 15:07


選ぶこと

カレーです!!
b0063797_1511067.jpg
今日はあたしがホストです。
実は、先週誤ってMinshienたちのスープを食らってしまったので(爆)
お詫びに、のつもりで夕飯を作ったのですが
大歓迎っていうか大喜びしてもらえて、
恐縮でございました。

その後、Wendyとmona lisa smileを観る。
エピソードが入り混じって、ちょっと分かりにくかったんだけど
WWⅡ後、50年代。戦時中は”backbone”でもあった女性達の、
生き方を描いていた。結婚か、学問か、離婚か…それぞれの選択。

観終わって、Wendyが感想を求めてきた。
深い意味があったんじゃなくて、
ただ単にあたしにしゃべらせたかっただけなんだけど。

だから、あたしの家族、特におばあちゃんと母親は
あたしの留学に決して賛成してはいない、あたしが一人娘で、
うち全体に蔓延してる保守的な考え方は嫌いだってことまで含めて
話してみた。
Wendyは男女平等のはかなさを語っていたけど、
あたしはもっと他の事に集中していた。
あまりに難しすぎて、とうとういえずじまいだったけど。

あたしの、「選択」は正しかったのか。

きっと正しいとか正しくないとか、白黒つけられないのは分かってる
でも、どうしても答えを欲しがってしまう。

前のあたしは、すごく余裕が無くて、
何か一つ選ぶともう一つを選べなくなってた。
今は、大切なヒトと大切なコトを両立している。
でも選ぶこと、選んだことにすごく慎重になってしまう。

Wendyは、今シングルで、かつ、メルボルン大学の修士課程にいる。
彼女は何か選んだのだろうか。
[PR]
by rkubotch | 2005-04-23 14:59


New friend"s"?

昨日ついにJun喧嘩した。
原因は「地球温暖化とオゾン層破壊の違い」

この二つってちがうよねえ??
前者は二酸化炭素の温室効果で地球上の熱が発散されなくなって、
地球全体で平均気温が上がっていく現象で、
後者がフロンガスがオゾン層を破壊して、紫外線が直接降り注ぎ
結果的に皮膚がんとか引き起こすものなんだよってしても、

“I don’t think so!!”

で、二酸化炭素が増えても皮膚がんにはならないし、
紫外線が二酸化炭素を増やしたりはしない、っていっても。

“I don’t think so!!”

いや、あなたの意見なんてきいてませんて。
事実なんですから。
ほら、Writingの授業でcauseとeffectってやったじゃない…
あなたの理論じゃつじつまぜんぜんあってないですから…

残念ですがこちらもひかず。
以後二人の仲は険悪に。(※一日経過)

b0063797_1458424.jpg今日はこの前北ばっかりの、中国人のAmyと仲良くなる。
ずっとYanとAmyとグループを組んでて、
脱線してみたり、話がはずんだ。
で、日曜日、みんなでショッピングにいくことに!!
みちこ以外のコと、女の子っぽい活動するのは
こっちきてから初めてなので、すっごくわくわくしてる!!
ちょっと前までYanに苦手意識もってただけに、
うれしいし、まだみんなCity行ったことないみたいだから
プラン立てようと、図書館でLonely PlanetのMelbourneまで借りちゃった☆

わくわくするなー。
勉強もすすむなー(笑)
[PR]
by rkubotch | 2005-04-22 14:56


Anti-Japan?

国関掲示板にはってあった、BBCの中国反日デモに対する読者投票。
少しだけ、話題になった。

ポイントは「少しだけ」

Charlesは相変わらずのらりくらりな態度だった。
「政治に興味あるのか!」とかいって、「俺は興味ないなあ」とかいって
フーリガンの記事を読むのに夢中になっちゃう。
だから、

「あたしが政治家になったらどうする?」

っていってみた。
成功。さすがに顔を上げる。
「・・・・俺も政治家になったら、二国間関係良くしような」

とだけいって、また記事にもどっていった。
おい!とか思った。相変わらずどうでもよさそうだな。

そしてLianはいつものようにかまってくれる。
「日本の歴史の教科書はどうなってるの?」
ってお決まりの質問をなげかける。
いい加減聴きあきつつも、改めて考え直す。

日本も中国も、お互いのこと知らなさすぎのくせに
いいたいこといいすぎだ。
誰が本当の教科書の内容しってるの?
歴史の先生は教科書に従順に教えてる?
たとえ教科書に「南京事件」ってかいてあっても、
そこに虐殺行為が伴われたということをいわない歴史の先生にあったことはない。
最近、町村外相が、中国側に歴史共同研究チームの立ち上げを
提案したのに、なぜ賛成の態度をとれないの?
歴史から背を向けるな、っていうのが決まり文句だったんじゃないの?

外交のカードとして歴史問題を利用するなら、
中国政府は人民の怒りを真摯に受け止めてはいない。
人民を裏切ってるんじゃないの?

日本が、中国をはじめとする多くのアジアを
苦しみのどん底に突き落としたのは事実だし、
日本はその影から逃げ出すことはできない。

日本は?
多くの中学生・高校生が、「日本はアジアに対し謝罪の気持ちをもつべき」
ということを教わるはずだ。
じゃあ、中国は?
以前、アジア科で扱った新聞記事。
「中国は、これから日本に対してどんな態度をとっていけばいいでしょう?」
という先生の質問に対し、
生徒A「グローバル化に伴い、日本と協調していくべき」
生徒B「毅然とした態度で戦後補償を求めるべき」
という2種類の回答。なんと、これには「正解」が存在した。

生徒B。


Lianの質問。あたしが何度も受けてきた質問。
そしてあたしはいつものようにしか答えられない。

「あたしの教科書に、事実は書かれていた。ラディカルな言説ではないにしても。
(東京書籍は「南京事件」って書いてあるから)中学の時の先生は、
予\u20633 備教材まで使って詳しく説明してくれたよ。
日本はひどいことをした、中国に謝罪すべきだ、って教わってきた。
外交問題上、すぐに中国の人たちを満足させられるようなことはできないけど、
あんな教科書を作ったり、賛成したりするのは少数派だよ。」

Lianはいろいろ説明してくれた。
彼の祖父は、日本兵が中国の一般市民を殺したのを目撃していたこと
(Victorもおんなじこと言ってた)
そして、
「また南京においで。今度は、一緒に博物館に行こう」って。

余談。
あたしは、去年南京に向かう途中、列車の中で
南京の大学生と仲良くなってメールとやりとりしていた。
3回目のメールの添付ファイル。
本文にはただ一言「默哀(黙祷)」
ファイルは虐殺の写真。
一人の友達として仲良くなったと思ったのに、
すごくショックだったということをLianに話した。

すると、そばで聞いていたCharles が”good job”
殴ってやりたかった。
やっぱりこいつは何にも考えてない。
中国・日本って問題じゃなくて、人間性を疑ってるんだって。
悪いやつじゃないとは思うんだけど。。。

b0063797_10584736.jpgこちらは左からAlexとLian。
Alexは典型的な中国人男性(南方系)で、Yamiに荷物を持たされることがおおいw
[PR]
by rkubotch | 2005-04-20 10:59

    

メルボルンの友達にもらった画像☆これのメッセージカードとTシャツまでもらったのです。そんな仲間に囲まれてあたしはなんだかんだ幸せです☆
by rkubotch